忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/29 10:51 】 |
pagetop
宇都宮市冒険活動センターの洞窟おすすめ(笑)

宇都宮市冒険活動センターに、バスツアーで行ってきました。
こんな市の施設があるのは知らなかったんですが、とってもいいところでしたヨ。

東北自動車道宇都宮インターから車で15分ほどです。
正式名称は、

「うつのみや平成記念子どものもり公園
宇都宮市冒険活動センター」

といいます。
(夏休みなど以外は、月曜休み)


とっても広くて、つり橋や洞窟(電気のない、本当にまっくらなトンネルで、怖くて楽しかった!!おすすめ)、体育館からロッジ、キャンプ場、野外ステージなどまであるんです。



さて、午前中は、「子どものもり一周 くるくるゲーム」ということで、オリエンテーリングのような感じで園内を1時間半ほど歩きました。

そのとき、つり橋を渡って洞窟に入ったのですが、このトンネル、電気が全くないので、手探りで歩くしかありません。
今の子どもたちは頭が良くて、懐中電灯やライトの代わりに「ケータイ(携帯電話)出して!」とせがむんです(笑)。

しかし、真っ暗闇なのでケータイの光じゃちっとも先が見えなくて、なんと!任天堂DSライトを持っていた子がいたんですが、そのゲームの光のほうが何倍も明るくて(苦笑)、その子を先頭に皆でぞろぞろ歩きました(爆)!!

途中、左右に分かれる道が2ヶ所くらいあって、ようやく出口に出たと思ったら、入り口とは違うところに出てしまいました。
暗いトンネルを通って戻るのはいやだという子達と山道を歩いて、すぐに入り口に戻ることができましたが、トンネル内を戻って入り口を捜していた子どもたちは、行き止まりにぶつかったり、おでこを洞窟の壁にぶつけたり(苦笑)したそうです。


つり橋は、歩くとけっこう揺れるので、ちょっと緊張して楽しいかも(笑)。

また冒険広場には、木の上からロープのブランコがあり、6年生の女の子が小さな子達をロープに乗らせてくれました。

午後からは、ネーチャーゲームや写真オリエンテーリング、杉板焼きの3つのグループに分かれて、センターのお兄さん、お姉さんの指導の元、それぞれ楽しみました。



ところでセンターハウスには、レストランや入浴施設もありました。木でできている建物は、山にぴったりで美しかったです。

土曜日にはまた、イベントをやっているときが時々あります。
「エンジョイサタデー」と称して、杉板焼きやツリークライミング、登山、ネイチャークラフト、スターウォッチングなどのイベントに参加できます。


PR
【2007/10/16 09:33 】 | 宇都宮| comment(0)| trackback(0)
pagetop
| HOME | 宇都宮市冒険活動センターは安く宿泊>>
コメント
pagetop
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]